協会代表 外間 愛香(Aika Hokama)

神戸出身

幼少期から祖母に手芸、編み物、お料理などを教えてもらい

​大人になった今でも手作りすることが好きです。

沖縄の水族館(現美ら海水族館)に就職

就職を機に沖縄へ移住

水族館では司会、解説、飼育補助の業務で子ども達やお客様に対するレクチャーのノウハウを現場で習得

その後沖縄で結婚をし、水族館を退職

長男出産前からベビー服などを作り始めてハンドメイドを本格的に始める

その後長女、次女を出産し次女出産後から

お友達からオーダーを受けるようになり、

ネット販売、名護市のレンタルBOXでハンドメイド品を販売

同時にママ友達に時々個別でお料理やミシン、

アクセサリー作りのお教室を自宅にて開講

​もっといろいろ教えてほしいという要望があり、

手作り支援協会設立に至る。

副代表 金沢 瑠美(Rumi Kanazawa)

 

 

奈良県出身

看護師資格取得後、大学病院にてオペ室看護師として勤務。

結婚を機に退職し、沖縄へ移住。

2児の母となり、幼稚園保護者会役員として

園の色々な行事に携わり、行事の一つバザーを通じ、

手作りのものが繋ぐ親子の絆を痛感。

子どもたちのよりよい環境作りのために日々奮闘。

子育てがひと段落し、職場復帰を模索しつつ、

今までの経験や知識を活かす場として、

日本手作り支援協会の副代表を務める。